CJシリーズダウンヒル最終戦・富士見パノラマに行ってきました!

 

ふじみ野店スタッフサタです、10月14に開催されたダウンヒルに行ってきました!

天気予報通りの雨…しかも気温がほぼ10度くらいのまま冷たい雨が降り続き、現地に着いてからすぐにレーサー仲間に声をかけて合同テントを設営、少しでも広い空間を確保して態勢を整えました。

僅かな期待を込めてショーティを準備してましたが無理と判断し到着してすぐダーティダンを準備。使ったことのないタイヤで空気圧も見当がつかないまま公式練習に。ゴンドラ内でもあっという間に周りが見えなくなりこれから雨の中1日びしょ濡れ泥だらけで過ごすのが憂鬱になってます。

コースは常設区間にレース用の新設区間が加えられたものになりますが、Aコースのジグザグ区間をまっすぐ降りるような斜度や段差が設定されてる場所が田んぼのようにマッド状態となり速度が上がりません。

かといって速度を落とせば一気にドロが絡まり、写真のようにマッドタイヤのブロックも一瞬で見えなくなってしまいます。ゴーグルも雨やドロで視界が悪くなり路面や大事なラインを見落としたりと気が抜けないです。ちなみにキャリパー部分だけ熱で乾いてます、ロードの方もこれからはご注意。

走行ラインやバイクのセッティングは自分の出来ることを自分で決めるしかないのでコースを憶えながらそれらの事を自分のコンディションとも合わせながら決めていきます。前日練習ではずっと震えながらの公式練習となりました。

レース当日は雨が上がったものの寒さと曇り空で路面コンディションは午前中はさほど変わらず。
大きく掘れたりして形が変わる事もあるので雨レースでは朝の公式練習も大事です。写真の飛び降りポイントではみんなが通りやすい着地地点にラインが掘れてしまいそれ以外のライン選択が必要になっていました。思い切った遠回りでも速度が落ちないでどんどん走れる方が早い場所もあります

ダウンヒル競技自体は5分も無いレースですが、朝のクラスごとの練習時間2時間程は集中するので移動も含めて2本も行くとあっという間に時間が過ぎ、予選スタートまで2時間程で絡まった泥を全部洗車し、食事やらウェアの準備、最終調整、スタート地点までの移動をするとあっというまに時間となります。
そして肝心の結果ですが残念ながら予選落ち…、ホントに遅くて技術が無くて困って困ってしょうがないです。
スタートして途中田んぼのような登り返し区間で前走者に追いついてしまい完全に失速、同時にタイヤに泥も絡まりすっかりペースをおとしてしまいましたが、多少体調が悪かろうが転倒があろうがちょっと酷い遅さで反省です。上位15人通過の所18位でした。
レーサー仲間がみんな通過してたのでさらにちょっとまてよ、とスイッチが入る感じで今シーズン終了。機材調整や天気、プライベートのごたごたで実は今シーズン思い切り一度も走れてないままとなってしまいました。ちゃんと走ってないとちゃんと遅いですね。

最近MTBに興味を持ってくれてる方が増えているので来シーズンは常設コースにガイドしながらライドにも行きたいですね〜!10月中までは常設コースも開いてますがちょっと時間的に無理そうですね(^_^;)

都内に新しいコースもあるようなのでうまくいけば企画しようかとも思っています。毎週の練習会もここから盛り上がる?予定ですので気になる方はスタッフサタまで宜しくお願いいたします〜!!

 

関連記事

  1. 言うなれば納車セレモニー!フィッティングスペースちょっときれ…

  2. ワイドタイヤの時代到来!ロードバイクに28C?!

  3. ギミックが面白い!LAZER CENTURY AF +LED…

  4. ちょっと気が早いけど、ツール・ド・おきなわに行きませんか?!…

  5. 解決策はお店にある?!ボトルケージアジャスタあります!!

  6. 水曜日は展示会へ行ってきました

PAGE TOP