規格だけを信じて作業しちゃダメよ

今日も寒いですね。

そんな中でご来店のお客様にクランクとBB交換をご依頼いただき、作業をさせていただきました。
フレームのBB規格はBSA(JISねじ切り)でシマノ製クランクの取り付けなので、気楽な作業かと思われましたが、BB交換後に右クランクを挿入したところで、はたと手が止まりました。

上の写真で、何が問題かわかりますか?

アクスル(軸)が出過ぎです。

試しに左クランクアームを取り付けて、固定ボルトを締めこんでいきましたが、めいっぱい締めてもクランクのガタが取れません。BB付属の0.5mmスペーサーを咬ませても、まだダメ。

そこで、ストックしてあるスペーサーも使い、左右方向に既定のプリロードがかかるようセット。
無事にクランクが着きました。

機材の規格だけをあてにして作業していたら、後々でBB音鳴りやクランクアクスル損傷を招きかねないところ。
慎重に作業をやらせていただいております。

関連記事

  1. フレームを守るためのプロテクターを貼りましょう

  2. オーバーホールで自転車が快調になれば自転車はぐっと楽しくなり…

  3. MAVIC 新型フリーシステム インスタントドライブ36…

  4. iGP SPORTカラー液晶モデル IGS620を使ってみる…

  5. 雨が降ったら自転車のメンテナンスのタイミングです。

  6. 組み合わせは無限大 フロントシングル(1x)の世界

PAGE TOP