BLOG

スタッフブログ

同じロードでも色々なスタイルがご提案できます。

ロードというとドロップハンドルで、スピードをだして乗らなければいけないみたいなイメージを持たれている方も多いと思いま

す。(実際はそんなことはないのですが)

けれども、乗り手によってスタイルは様々。それによってロードバイクの形もいろいろなバリエーションがあるのはある意味当たりまえだと思います。

そんな、中でも今回かなり面白いカスタムのご依頼を頂きました。

ドロップハンドルを所謂スワローと呼ばれる曲がりのキツイハンドルにするというカスタムです。

もちろん、ママチャリ的に乗るのではなくサイクリングを楽しまれるというスタイルです。

前傾をきつくしたくないけれど、ロードのスピード感や軽さ、軽快感を損なわないようにしたいという結果チョイス頂いたスタイルです。

趣味の世界ですから法律さえ守っていればこれはダメという事はありません。乗り方などお気軽にご相談ください。

山﨑 翔一

山﨑 翔一

店長