BLOG

スタッフブログ

6/26ヒルクライム体験会お疲れ様でした!私は楽しかったです!

こんにちは、ふじみ野店北川です。

6月26日のヒルクライム体験会お疲れ様でした。
すでにスズキの方でBlogもあがってますのでかぶる内容はさけますが、とにかく「私は楽しかった!」この一言につきます!
駐車場に戻ってからも楽しめたとのお声をいただき良かったなーと思っています。

こちらはふじみ野を7時すぎに出発し、高崎市内の渋滞にハマること無くほぼ予定通りの時刻に現地につくことができました。
すでに数組お客様も到着していてそれぞれ準備を進めていました。

我々も自転車を下ろし、日焼け止めを塗り…準備万端。
結局揃って出発できたのは10時を少し過ぎた頃かな。
いいんです。こういうのも自主イベントなので計画は計画であとは成り行きです。

出発前の集合写真。たくさんの方にご参加いただけました。
スズキと私の方でちょっとだけ趣旨説明と注意事項などもお話して出発です!

実際に走り始めると割と早い段階で登坂路に差し掛かります。
ここからおよそ16km程度の冒険の始まりです。
ルートはハルヒルのサイトに張ってあるルートをそのままなぞります。
もちろん一般道を走るので車の通りは有るのですが、そこは平日ということで少なめです。
ふらつかないよう、ふくらまないよう声を掛け合いながらそれぞれのペースで登っていきます。

榛名神社まではそれほど斜度もキツくはないので、まだまだカメラを向けると笑顔の余裕があります。

そしてたどり着いた榛名神社!

このあと斜度がきつくなるので実質半分くらいでしょうか?
ここの駐車場であとから来る人の様子を見ながら待っていたのですが、どうせなら神社に行ってみれば良かったなーと今になると思います。
ここからは道路がつづら折りになっていきます。つまり斜度がキツくなってきているという証拠!!

涼し気な渓流を見下ろしながら淡々と登っていきます。
ここからはほんとにシンドい!(笑。
人のペースに飲まれないように自分のペースをキープして登ります。
登りに対して何を求めるかはそれぞれだと思いますが、私は「苦しい思いをして登る」のが好きなわけではなくて、「達成感」や「その行程」を楽しむのが好きなので32Tのスプロケットをフルに使い切って登ります。
それでもシンドいのは変わんないんですが、膝をプルプル言わせたり、攣る不安を抱えながら登るよりは楽しみの割合が多くなる気がします!

関連Blog
センチュリーライドに向けて用意したほうがいいもの!機材編!

そして!

いよいよ「記録計測終了」の看板を見つけ、終わったー!と安堵するのです。

そこでも仲間を何人か回収し、湖畔の集合場所に集まります。
湖畔へのアプローチはこちら↓

湖畔は木陰が涼しく気持ちい風が吹いています。

昼食は数件にわかれて摂りました。私はワカサギカレーを。
ボートは何人かの釣り人が乗っていたようでした。

さて各々食事が済んだあとは帰り道です。
ただ来た道を帰るだけでは面白くないかな?とのことでスズキから「フルーツラインを絡めてルート作って」とのお達しが来ましたので、最近良く使っているSTRAVAの「Myルート」と言う機能を使ってルートを決めました。
これの便利なところはルートラボみたいなもんなのですが、STRAVA上での走行データを参考にしてくれるので走った実績が多いルートに寄せてくれます。
今回は我々も試走をしていない状況でのぶっつけ本番です!
実はこの日、私は諸事情で自分のLEZYNEではなくお店のデモ機で参加だったのですが、そちらにマップを入れておくのを忘れてしまい!!細かい分岐を何度かスルーしてしまいワチャワチャしてしまいました。
皆さんのサイコンにデータを入れていただくようお伝えしておけばよかったのですが。
ルート的にはアレだけ登ったんだからあとは下るだけだろうと思っていたので、皆さんにも「あとは下るだけですよ!」なんて大見得を切ったわけですが28号線のダウンヒルはほんとに下るだけだったのですが、そこから154号を経由してフルーツラインに入る頃には、微妙なアップダウンがあり…。
「あとは下るだけって言ったじゃねーか!w」「また登りかよ!w」と苦情殺到でしたが…

ワタシ的にはなかなか走りごたえがあり激坂がないぶん、いいテンポで走れて楽しかったですね!
ワインディングを車で走ってるときみたいな楽しさがありましたね。

あとどのくらいなの?の質問には「もう少し、もう少し」とサイクリストお決まりの言葉を無責任に発して、登った道に合流し出発地点に到着です。
程なくして全員無事帰還したところで終了、流れ解散となりました。
ふじみ野では帰ってから突発で打ち上げが開催され、疲労感も感じつつ、楽しい時間を過ごしました。
今回のイベントが楽しかったという意見も嬉しいですし、やはりお酒の席での会話の中にもいろいろヒントがありますね。
最近入ったTACXデモセンターもそんな話から始まったものですし!
定期的にできたらいいねなんて話も出ましたので引き続きやっていきたいですね!
今後も平日含めたライド企画を練っていきますのでなにかご要望ありましたらお気軽にご相談ください!

STRAVAのフォローも歓迎です!!

Relive ‘Morning ライド’

北川 滋治

北川 滋治

店長