50万以下で手に入る105Di2搭載モデル!SCOTT ADDICT

最近はロードバイクの高価格化が進み、前まではエントリークラスのコンポと言われていた105も出世しDi2が出ましたね。
105Di2搭載車の相場は、概ね50-60万といったところ。50万以下で電動コンポ搭載車が少ない中、店頭のバイクをお値下げいたしましたので、ご紹介いたします

SCOTT ADDICT 20

店頭販売価格:¥550,000(税込)
¥467,500
サイズ:S(520)
適正身長:約170cm前後
ぺダルなし実測重量:8.6kg

セカンドグレード?どうせコンポが違うだけでしょ?と思われがちですが
SCOTTはそうではありません!!

上位グレードに位置する、ADDICT RC異なる点をご案内
ADDICT RCでは、レーシングジオメトリーの採用と、高弾性のHMXカーボンを採用しているのに対し
ADDICT では、エンデュランスジオメトリーを採用し、HMFカーボンという、HMXに比べてしなやかなものを採用しています。

★ジオメトリーの違い

少し前のモデルの画像ですが、赤いシルエットがRCグレード
ハンドルがやや低くて遠いのが分かると思います。

●RACE GEOMETRY(ADDICT RC シリーズモデル)
コンペティションロード用に開発された、ライディングポジションです。

●ENDURANCE GEOMETRY(ADDICT シリーズモデル)
ライダーの上半身が、やや起きるように設計されていて長時間走るライダーの首や背中にかかる負担を軽減しています。


こちらがジオメトリー表です
赤マークのところにご注目ください、ADDICTの方がヘッドチューブが長く、ホイールベースも長い
スタック(ハンドル位置)は高くて,リーチ(ハンドルまでの距離)は短いという設計になっていて、ゆったり目のポジションになります。

エンデュランスという言葉を聞くと
『剛性足らずでレース向きではなくロングライド向き』などといったイメージを持たれますが

実際的には、【耐久】という意味合いで使わることが多く、長距離のレースにはかなり向いています。
剛性が足りないのではなく、あえて少し落とすことで、長い距離を走っても足がなくならないよう、ちょうどいい剛性バランスに仕上がっているんです。

実際、世界のレースシーンでも好んでエンデュランスモデルを使い、実績を残している選手もいます。

さて、本車体の紹介です

・新型105Di2を装備
今年、ULTEGRAやDURA-ACEに続いて発表された105Di2(R7170)
上位モデルから継承された変速の精度やスピードは、機械式とはレベルが違います。Di2を使うともう機械式には戻れません…

・標準でカーボンシートポストを装備
さすが軽量モデルのADDICT、純正でカーボンシートポストが採用されてます。
また、流行りのショートノーズサドルも採用です(タイヤと合わせたカラーが絶妙にかわいいです)

・ケーブル類を完全内装
完全内装と言いましたが、ステムの下側から内装されるため、基本的にはどんなハンドルにも変更可能です!
最初はアルミのハンドルがついているので、さらなる軽量化のためにカーボンハンドルにも気軽に交換可能。

最後に、フレームのカラー
公式名称はシンプルに【 BLUE 】ですがダウンチューブはグリーン/ブルーのマジョーラカラーで、トップチューブはマットカーボン。めっちゃ綺麗なのにマジョーラカラーが画像だと伝わらん!!


車体後方部に連れてグレーへとグラデーションがかかっています。

現在店頭には
SサイズのADDICT 40
XSサイズのADDICT RC40
の在庫が一台ずつございます。人気車種となりますので、お早めにご相談くださいませ!

関連記事

  1. オーバーホール増えています。合わせてグレードアップもご検討く…

  2. スタッフ山崎退職の報告~ながきにわたりお世話になりました。~…

  3. カンガルー革を採用したハイグリップグローブHIRZL( ハー…

  4. 12月13日開催、平日ライド「スーパースィートクラス」

  5. ディスクブレーキはパッドの減りにご注意を

  6. 限定モデル!スペシャライズド アレーエリートチーム

PAGE TOP