キャリパーモデルの最終形といっても過言ではない【SuperSIX EVO Hi-MOD】

こんにちは

北浦和店の野津です。

2022年が始まってやっと最新モデルがちょとずつ入荷してきました。

そんな中、店頭大特価バイクのご紹介です!!

2019年モデルにはなりますが「キャリパーモデルの最終形」と言われるほど出来のいいモデルがそろっていた感もありました。

そんなキャリパーモデルの最終形の典型とも言うべきモデルがこちら

SuperSixEVO Hi-MODです!

このスーパーシックス。軽量モデルという形でカテゴライズされてしまう事が多いですがそれだけではない魅力満載のバイクです。

もとをただすとこのSuperSixの開発コンセプトは「バランス」。このバランスがどんなシチュエーションでも最大限のパフォーマンスを得られるという考え方をしています。

ですのでもちろん軽いのですがただ軽量を求める訳ではなく、その中に剛性、エアロと多くの要素を高い次元で両立しています。

そして今回は、そんなSuperSixEVO Hi-MODの良さを更に高い次元で体験して頂きたいと思い、当店特別仕様車をご用意させて頂きました。

何やら遠目で見てもオーラのあるバイクに変化しています。

通常はMAVICのAKSIUM ELITEが標準装備ですが、今回は同MAVICのハイパフォーマンスモデル

KSYRIUM PRO カーボンUSTをアッセンブルさせて頂きました。

俗に言うNonSLと呼ばれるモデルでキシリウムカーボンシリーズではセカンドモデルです。

軽量ながらあまり尖った仕様ではなく、よりバランスを重視したホイールをアッセンブル。よりSuperSixEVO Hi-MODのコンセプトにマッチするホイールをセットさせて頂きました。

勿論レースでも十分なフィーリングを得られるようフレームは軽量、高剛性のHi-MODを採用。

反面、SPEEDSaveは路面からの微振動を抑え体への負担を軽減しつつ路面へのトラクションを確保してより安定したグリップ感を演出してくれます。

勿論クランクはキャノンデールが自信を持って提案するSiクランク。

年々精度がまし他社に比べても音鳴り耐性、耐久性が上がっているシステム。

また、高い剛性感は踏み味の軽さに一役買っています。

ホイールを始めすべてにおいてオールラウンドを追求したキャノンデール SuperSixEVO Hi-MODの特別仕様車。

気になる価格は

税込¥538,700です。

サイズ:520

TOP長:538

店頭在庫分の1台のみです。

気になる方はお早めに!

関連記事

  1. トライアスロンを愛するファミリーの皆様へ 日本トライアスロン…

  2. スペシャライズド TURBOのセミナーに行ってきました!

  3. rovalのハイエンドモデルがモデルチェンジ!

  4. おしゃれな街乗りクロスバイクの紹介です【在庫】

  5. ASSOSの保証がユーザーフレンドリーなのでご紹介します!

  6. クロスバイク キャノンデール クイック4 をご購入でフロアポ…

PAGE TOP