BLOG

スタッフブログ

ロードバイクの今を凝縮したスペシャライズドTarmacSports

現在当店では、期間限定でクロスバイクをもうプッシュしておりますが、忘れてはいけないのは当店はロードバイクのお店という事です。

クロスバイクに関しては

クロスバイクも専門店で!「新生活準備キャンペーン」開催します

をチェックしてみて下さい。

何度も言いますが当店はロードバイクのお店です。

もちろんロードバイクに関しても毎回フレッシュなものをご提案できるよう準備をしてお待ちしております。

そんな中で入荷してきたのが、スペシャライズドの定番ロードでディスク仕様モデルです。

Specialized

TarmacSports

サイズ:52

店頭価格¥276,700

TarmacSportsはターマックシリーズ中で最もエントリーグレードと言う位置づけながら、フラッグシップモデルで採用されている「ライダーファーストエンジニア―ド」を採用しフレームサイズによるフィーリングのバラつきを抑えターマックならではの軽い登坂性能や加速の反応の良さを実現しています。

ディスクモデルになってから、さらにフレームの設計も見直しをすることで、トラクションの向上と路面からの衝撃吸収力を確保することで走りのフィーリングを左右する安定感や、安心感を高めています。

そして、スペシャライズドのターマックシリーズは2018モデルから、すべてDiscモデルとなりより高いブレーキコントロール性能や制動力を得ることが出来ます。

よく、そこまでブレーキ要らないですと言われますが実際は、どんな方でも導入の効果がディスクブレーキにはあります。

制動力やが上がるという事はゼロからマックスまでの範囲が広がります。という事はその中でブレーキをコントロールできるのでよりコントローラブルになります。また、ブレーキレバーの引きは断然軽くなります。そうなれば長い下り区間に入った時や握力がそこまで強くないお子様や、女性の方でも簡単にブレーキ動作をすることが出来ます。

そしてディスクブレーキのもう一つの心配事はメンテナンス。実際はワイヤー式のブレーキとほとんど手順も変わらず、交換やメンテナンス頻度もほぼ一緒です。あえて言えば、ディスクブレーキの場合はパッドの減りは直接パッドを見ないと把握できないというところが普段乗っている方へ対しての注意点です。

ディスクブレーキのメンテナンスについてはこちらの記事をお勧めします。

快適なディスクブレーキのフィーリングを保つメンテナンス

そしてこちらのTarmacSportsに関しては、メインコンポーネントをR7000の105仕様ですので、基本スペックは申し分ありません。

特に、この価格ですと社外品のブレーキがつくことが多いですが、即はやはりスペシャライズド。

しっかりと105で構成され操作性や安全性への配慮が伺えます。

その他にもフレームの規格も最新の規格を採用しつつ軽量かつ、オールラウンドにサイクリングやレースを楽しめる今を凝縮したロードバイクです。

山﨑 翔一

山﨑 翔一

店長