BLOG

スタッフブログ

転がり抵抗を極めるならコレ!!コルサスピードTLRが入荷しました! ヴィットリア

北浦和店のスタッフもりです。
一月もあっという間に終わりもう2月ですね……
予想外のケガにより今月はあまり乗れなったので
富士ヒルに向けていまのうちから絞っていきたいと思います。

さて、本日は販売から長らく欠品が続いてようやく入荷した商品

ヴィットリア

コルサスピードTLR(チューブレスレディー)
SBF価格 9,270円

昨年あたりから、チューブレスが特に注目されはじめましたね。
チューブレスって聞くとまだ抵抗がある方もいらっしゃるみたいですが

実はメリットが多いんです!
・チューブが無いことにより転がり抵抗が少ない!
・シーラントによるパンクリスクの軽減
・チューブが無いことで低圧で走行する事が出来るので乗り心地が良い!!
と言う点ですね。

その一方で、デメリットとは何かと言うと
・自分で取り付け出来るか不安
・パンクしたらどうするの?
・交換がめんどそう
と言ったところでしょうか?
どれも、走行の不安と言うより自分で扱えるかの心配が大きい気がします。
確かに、今までのチューブレスはタイヤのビートが固くて
正直、お客様からの依頼が来るたびに心に中では「……まじかよ」(冗談です 笑)って思いたくなるほど
面倒でした。

ですが、MAVICのUST(Universal System Tubeless)が出たことにより
各社タイヤメーカーがそれを意識したタイヤを発表しました!
コンチやピレリなど新作を発表しましたね。
今回、ご紹介させて頂いている「コルサスピードTLR」もその一つです!


当店でもUSTホイールをご購入した方に目の前でタイヤレバーなしで脱着をお見せしてお渡しさせて頂いております。
その場で簡単に出来る程、脱着が楽になっております。
ちょっと、タイヤ交換とか出来る方であれば、教えたその場で脱着できる方もいらっしゃるくらいです。

まだ、コルサスピードTLRをUSTホイールに履かせてはおりませんが
触ったかんじはとてもしなやかでUSTに近い感じがします。
機会があれば是非試してみたいですね!

チューブレスのお話しを長らくさせて頂きましたが。
コルサスピードTLRの最大の魅力は「転がり抵抗の少なさ」です!
新しく新素材「グラフェン」を使った「G-Isotech 1C」コンパウンドを採用
このコンパウンドを使う事により直進時には堅くなり転がり抵抗を低減して
タイヤへの負荷が増える加減速時やコーナリング時にはグリップ力が増すというパフォーマンスの高くなっております。


また、TTに特化して作られている為、トレッドセンター部分をスリックに、かつトレッド面を狭くしシングルコンパウンドにして
軽量化を図っています。
タイヤの耐パンク性能は若干落ちますが、チューブレスレディーでシーラントがあることを前提に作られているので
そこまで、パンクに悩まされることもないです。


重量は実測233gとチューブレスレディーとしてはかなり軽量な部類
これは実戦で即導入しても問題ないレベルですね!!

私個人もクリンチャーのコルサは愛用させて頂いておりますが
峠の下りのコーナリングで高いグリップ感があり安心して下れます。
平坦路も抵抗は少なく、しなやかなので路面のダメージを軽減してくれて凄く乗り易いです。

去年のTTのレースではプロが実際に使用して優勝した実績もある
高く評価されている決戦タイヤです!!

これからのシーズンインに向けて新しい機材導入でモチベーションアップに繋げてみてはいかがでしょうか!!
皆様のご来店を心からお待ちしております。

森 祐次郎

森 祐次郎

スタッフ