意外と見落としがち!?ブラケットカバーも消耗品です。

修理作業の一部分
意外と交換されていないのがこの「ブラケットカバー」
DSCN0980DSCN0981
よく見ると…表面が結構やられてますね
ゴム製品なので紫外線や皮脂、汗で劣化してきます。
そして、表面もベタついて握った感触もあまり良くありません。

DSCN0982
写真ではちょっと見づらいですが
左が使い込まれたブラケットカバー・右が新品のブラケットカバー
見た目の違いがわかるかと…

DSCN0983
新品に交換完了!
見た目も握った感触もかわります。

バーテープやワイヤーを替える
オーバーホールのタイミングでの交換がベストかと思います。
一度、自分の車体を確認してみてください…交換時期かもしれませんよ

しまざき

関連記事

  1. 必読!2018PISSEIセンチュリーライド注意事項

  2. 減速をアピール!キャットアイ ラピッドX2 キネティック

  3. 走行ラインを照射するリアライトが登場!レザイン レーザードラ…

  4. 【2/24更新!】大試乗会『彩湖モード2018』開催決定です…

  5. 330度の視認性!KNOGから新しいライトが登場です!

  6. 最大32Tに対応! SRAM RED eTAP WiFLi …

PAGE TOP