暑い時期、効率よく身体を動かしましょう

お盆を明けたら涼しくなるとよく言いますが、また暑さがぶり返してきた感がありますね。 
涼しくなってきたからライドにでも出かけようという気もなかなか起きにくい。。。。

そんな時はローラーでもやりましょう。
時間だけを確認しながら淡々と脚を回す、そんな単純なローラートレーニングはもう古い!
今やローラーは様々な自分の状況や数値などを確認しながらしっかりと目的意識をもって行えるツールになりました。

ましてや最近はバーチャルオンライン上でコミュニケーションを取りながら楽しくローラーに乗れる時代。
しっかりとしたトレーニング目的は勿論、手軽なエクササイズとしてもきっとチャレンジしてみたい方も多いのではないでしょうか?

そこでよくあるご相談がどんなローラーを使えばいいの?です。

ローラーにはざっくり3タイプあります。

3本ローラー式・固定ローラー式・ダイレクトドライブ式

それぞれ得手不得手はありますので簡単に説明しますと、三本ローラーは実際にローラーの上で自転車を漕ぐので走行感、ダンシング時などがほぼ実走と同じ。 デメリットとしては慣れるまで難しい。

固定ローラー式ですが、自転車が固定されいてる状態なので下を向こうが目をつぶろうがコケない。トレーニングの観点で言うと、白目をむくまで追い込んでもローラーから落っこちてしまうことがない。デメリットとしてはリアタイヤに直接回転部に当てて負荷をかけるのでタイヤのヘリが早い。

最後にダイレクトドライブ式。リアホイールを外してローラーに取り付ける、おそらく最近よく見るタイプです。
こちらはカセットスプロケットをローラー台に取付、リアエンドを固定するシステムなのでタイヤがローラーに接触せず、タイヤの減りを心配する必要がありません。デメリットとしては、スプロケットの用意(もしくは取り外しの手間など)、機能が豊富なために値段が上がってくるといった感じでしょうか。

折角の休みだからと無理して外に走りにいっても良いことばかりではありません。
是非ご自身の用途にあったローラーを選んで、暑い日も寒い日もしっかり効率よく身体を動かしましょう。

関連記事

  1. 1月12日(土)ギネス認定世界最高年齢のアイアンマン稲田さん…

  2. 彩湖モード2017注意事項

  3. 枝折峠(しおりとうげ)と新潟・魚沼をオススメをする話

  4. サーモスのオールシーズン使えるタンブラーのご紹介です!

  5. プロチーム御用達 「シーコン レースレインバッグ」限定入荷予…

  6. こんな携帯ポンプが欲しかった。スマートで大容量なAirSti…

PAGE TOP