身体の内側から回復を促す事も大事

梅雨が明けた!と思ったらまた天候不良が続くようで、休みの日のスケジュールも立てにくいですね。

雨の予報が一転、降っていないとつい自転車に乗りすぎてしまい、身体の回復が追いつかず仕事も朝からやる気が出ないなんて事もしばしば・・・

勿論、走行後はしっかりサプリメントやストレッチなどで身体を労ってあげるのも大事です。

が、お風呂に入れば出来るケアも一つご紹介させていただきます。<温冷交互浴>です。

昨今サウナブームで整う、などという言葉を聞くと思いますが、感覚的にはそれに近いかも知れませんね。シンプルに言うと温かい湯と冷たい水を交互に受けると末梢血管が開いて疲労物質の一つである乳酸が出て行ってくれる。といった感じです。選手時代、連戦の際は仲間と露天風呂で話をしながらよくやっていました。 これを行うとしっかり血の流れを感じ、疲れが流れて行ってくれている感じがして、繰り返し行っていました。特に瞬発的な筋肉を使う短距離系の選手が入念に行っていた気がします。

ただ注意したいのは水が冷たいので急に心臓などに水がかかることを避けましょう。勿論アルコールなどを飲んだ際も避けましょう。

なので我々は湯につかる、水風呂に入るというより、患部に向けて(例えば脚だけをシャワーで温冷)シャワーをかける。といって感じで行っていました。

あくまで血液循環を促すという趣旨の行為ですので無理せず、ゆっくりサウナや温泉で身体を温めてあげるだけでも充分です。

楽しいライドを継続させるにはサプリやマッサージもいいですが、外因的な回復とは別に自己治癒能力を高めて上げることも大事です。

関連記事

  1. スポーツ用リップクリームが新発売!サンプルもありますよ~!

  2. 2022年はこれで最後の入荷!CAAD OPTIMO 入荷い…

  3. ブルべとサドルと膝と。アタック霞ヶ浦参加してきました!その①…

  4. 2023年新カラー SCOTT ADDICT RC40入荷し…

  5. Ⅱじゃないよ!完成車外し品「ROVAL RAPIDE CLX…

  6. シラスX4.0 高価格帯クロスバイクのご紹介

PAGE TOP