新年イベント第一弾 革に拘りそして究極のフィット感 新春1月9日(日)LAKEシューズ試し履き会を開催します!!!!!

皆様
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 だいぶ冷え込んだ年末年始でした、FBを覗くと年末走り納、そして新年初ライドされている方など
元気な皆様が確認できました 

 そなんな皆様の足元を支えるシューズ。
フィット感そして本革に拘りをもつシューズブランド「LAKE」の試着会を
北浦和店にて1月9日(日)12時~18時で開催します。


当日はLAKE専任スペシャリストリストスタッフ加藤様が来ていただきます。
LKAEの特徴そしてシューズのお悩みを相談させていただきます、ぜひシューズの悩みをぶつけてください。

○試着会参加は予約不要です、当日ご来店いただければ結構です。

○できれば現在現在履いているシューズを持ち込みください。
○ライドでしようするソックスをお持ちいただくとさらにフィット感を確認できます。
○事前に試したいシューズ、サイズ等ありましたら事前メールにてご連絡ください。

LAKEシューズの歴史は古く1982年にアメリカで創業したサイクリングシューズ専門メーカーです。
量産シューズ初のカーボンアウトソール、サイクリング用ウインターブーツ、女性専用シューズ
熱成形カーボンヒールシステムなど、業界初の製品やテクノロジーを次々と開発した革新的なブランドでもあります。
 ここ最近はカラーオーダーに目が奪われがちですが

※LAKE✖PISSEIコラボレーションシューズ
一番拘りを持っているのが
「フィット感」
そのフィット感を支えるのが最新のテクノロジーではなく「本革」なのです。
アッパーは本革ならではのしなやかさでダイヤルやバックルで無理に締め付けるのではなく
本革の自然な馴染み感、熱成型可能なヒールカップでホールドの良さでしっかりとフィットさせる。

そのことによりペダルに効率よく力を伝えることができ、長距離ライド後の疲労感が違います。

 またフィット感の拘りはアップチャージとはなりますが、左右別サイズでの購入も可能です。


本革という特性上価格は決して安くはないです、しかし長時間のライドを快適に走るためには

本革ならではの包み込むようなフィット感があったシューズ

そしてパワーを確実に伝えるシューズが必要なのはご理解できるかと思います。

 今回の試着可能なラインナップは

■カンガルー革、熱成形式カーボン製ヒールカウンター、カスタムカラー対応のモデル

CX332 55,000円(税込)

■ 画期的アッパー構造!どんないびつな形状の足にも柔軟にフィット!
足に合うシューズがないと嘆く方には絶対試してほしい
CX241 49,500円(税込)

■ 最高グレードの牛革とカーボンソールを採用したロードモデル!!
CX237 44,000円(税込み)

■煩わしい冬のシューズカバーとはオサラバ。ロードペダルが使える全天候型サイクリングブーツ。
ここ最近利用者が増えてきているWinter専用シューズも試し履きラインナップに入れてもらいました。
CX 145  
37,400円(税込)

LAKEシューズ試着会皆様のご来店お待ちしております!!!

  
 

関連記事

  1. 宮古島トライアスロンに向けてCEEPO MANBA-R DI…

  2. 【ディフェンディングなるか!?】今更になったもてぎの話!(&…

  3. 久しぶりのサイクリングにでかけてみましたよ

  4. スズパ女子部のラインアカウント作りましたー!

  5. Cannondale2019年モデルSuperSixEVO …

  6. 新年初ライド『デビューライド』で運試し。

PAGE TOP