【売約済み!!】TOPSTONE2入荷しました

 

昨今世界的に大人気のグラベルロード
日本でも少しづつ認知され広まりつつあり、当店でもありがたいことに多くのお客様にお乗りいただいております。

キャンプをしたり、キャンプ込みの泊りがけでのライドだったり使い方は無限大です。

2018年にデビューし、今やツーリング系グラベルバイクの定番となったアルミのTopstone。カーボンのTopstoneがデビューした今でも多大な存在意義を持つモデルです。とはいってもLEFTYのインパクトには勝てませんが()

国内では24の二つのグレード展開となっており、今回紹介するのは上位モデルの2となります。

 

カーボンのTopstoneがグラベルライドを楽しむための自転車、早く走るための自転車であるとしたら

アルミのTopstoneはキャンプに行くだとか、荷物を積んで自転車旅行をするなど移動手段や遊び道具としての自転車と言えるでしょう。現代版ツーリング車といった味付けでしょうか。

操る楽しさや軽快感はカーボンの方が当然上ですが、アルミはアルミでカーボンにはない積載性を生かした遊び方ができます。

 

メーカー希望小売価格 ¥192500

SIZES  

売約済み!!

適正身長165-175cmくらい

カラーは話題の()レインボートラウト、ニジマスカラーです。

この車体でマス釣りにでも出かけたらいいダジャレになりますねw

 

現在のグラベルのスタンダードと言うべき700x40Cのタイヤを装備し、それでも余るほどのタイヤクリアランス。44mmのタイヤまでなら装着可能です。チューブレスレディ可能になっています。

 

また、グラベルなら当然とも言えますが至る所にダボ穴が設けられてており、キャリア、フェンダーなどなど装着可能です。

 スタッフ一推しポイントはヘッドチューブのエンブレムです

最近の車体はここがペイントになってきてるのですが、このtopstoneはエンブレム

こーれーは、男心をくすぐられますね…

舗装路、未舗装路もガンガン行けちゃうグラベルロードtopstone

スピードを気にせず、色々な場所に行きたい方にオススメです!

関連記事

  1. ビギナーにもオススメ、BrytonのGPSサイコン

  2. 【西麻依子選手のレースレポート】2017年度シーズン後半戦

  3. GW期間の営業予定について

  4. スペシャライズドが提唱するポジション理論 BG-FIT K様…

  5. まだまだ健在のリムブレーキモデルMAVIC KsyriumP…

  6. 2018PISSEIスズパワーセンチェリーライド 130キロ…

PAGE TOP