老舗イタリアンバイクにもディスクの波がWilier GTRteamDisc

 2019年モデルはアメリカブランドが先行してディスクブレーキモデルを多くリリースしてきていますが、

老舗イタリアブランドも負けてはいません。

 

同メーカーのロングセラーのモデルでもあるGTR Team。

コチラをベースとしたディスクブレーキモデルがいよいよ入荷してきました。

Wilier GTR Team Disc

サイズ:S

TOP長:528

 

レーシングバイクと言う位置づけながら46T/30Tカーボンを採用して高い快適性を実現、
長丁場のレースでも身体へのダメージは最小限に抑えた設計になっています。

また、ディスクブレーキ仕様になったことで、下りでのバイクコントロールや、安全性も飛躍的に向上。

どんなフィールドでも、より安心して走りを楽しむことが可能です。

 

そして、ディスクブレーキの最大のネックは価格。

通常ディスクブレーキ仕様になるだけで完成車価格は3~5万前後アップしてしまいます。

そこを、ワイヤー引き+油圧ピストン式とすることで、コストを抑えることに成功。

 

同モデルのキャリパー仕様と比べてもメーカー希望小売価格でおおよそ1万の差に収めています。

価格的にもグッと魅力的になったディスクブレーキを採用したロードバイク、そろそろ最新の規格にアップグレードをしませんか??

関連記事

  1. 突然の雨や、気温の上下の激しい時期に欲しい1枚

  2. 営業時間変更のお知らせ

  3. YouTube動画「スズパワーチャンネル」アップです。この時…

  4. Specializedの新型ハンドルバーの紹介です【ROVA…

  5. いづれはロングを目指して2018年モデル CEEPO(シーポ…

  6. オイルスリックパーツでカスタマイズ

PAGE TOP