6月平日ライド、スーパースィートクラス ライドテーマは「飛んでイスタンブール」です。

週末にイベントするという固定概念をなくして、初めた平日ライド
おかげさまで好評で、月一開催で二年目になりました。

そして今回6月の平日ライド開催しました。

天気予報は怪しかったですが梅雨入り前のいい天気で開催できました。
平日ライドは二年目となり、初年度は毎月水曜日開催しておりましたが
今年は毎月、曜日をづらして開催します。
今月6月は水曜日の開催し、来月は7月は木曜日の開催となります。
 平日ライドは走力別に
【ホット】【ミディアム】【スィート】【スーパースィート】
の4クラスに分かれて走ります。
今回は25名のエントリーいただきました。

スーパースィートクラスのみ集合が30分遅いので全員ではないですが、スタート前に一枚。
今回はさいたま那須サンブレイブの鈴木道也選手がゲストライダーで来ていただき
【ホット】クラスの皆様と一緒に走ります。
全体のブリーフィングを行い、各クラスに分かれてスタートします。
スタート前にクラスごとに一枚
【ホット】クラス

【ミディアム】クラス

【スィート】クラス

そして、スズキが担当しているクラス
【スーパースィート】クラス

スーパースィートは今回5名の参加いただきました。
スーパースィートクラスはその名の通り、クロスバイクでもOKな超のんびりクラス
グループライドの楽しさを知ってもらうようなクラスとなります。
 今回は川越のトルコカフェに行き、トルココーヒー&トルコ料理を楽しむライドです。
川越市内を抜けてメインストリートをちょっと奥に入ったところにある
トルコカフェ「トルコバザールカフェ」に到着です。

元々、トルコ雑貨店をやっており、何年か前にカフェもオープンしたとのことです。
店内に入ると異国に一瞬入った感覚に店内には無数のランプが

ちなみにこのランプは全部売り物です。

そして、早めのランチを頂いきました。
トルココーヒーとケバブ丼のセット。
トルココーヒーはコーヒー豆を極細挽きにしイブリック(別名ジャズベ)という長い柄のついたひしゃく形の
器具でコーヒーを煮出して抽出する、イスラム圏の伝統的な飲み方。
カップの下には、極細挽きの粉が沈殿しており、上澄みのみを飲むイメージで独特の味わいがあります。
そして、右の画像は、トルクの伝統的なお菓子
[バクラヴァ]です、小さめのお菓子ですが何層にも重なった生地の中にシロップ漬けにしたナッツ類
がはいっており、食べるとじゅわーっと甘いシロップとナッツ、パイ生地が混ざり合って口の中に
広がります。
そこにトルココーヒーの独特の苦みが合うんですね。

 ランチをトルコ料理を、そして話を楽しみながら店をを後にします。
川越をほんの少し探索して、帰路に戻りますが普通のコーヒーも飲みたいねということで
川越伊佐沼の近くにできた、グリーンツーリズム拠点施設(農業ふれあいセンター)内に
glin(グリン)コーヒーさんか入っているのでそこで、小休憩します。
 
私は、暑い日でしたので、コーヒーフロートを頂きます。
ここでも、また話が盛り上がります。

青空の中、スタート地点の秋ヶ瀬に向かいます。
平日のサイクリングロードは人も少なく、貸切状態で快適に贅沢走れます。
談笑しながら走ります、スーパースィートですから、もちろんペースはゆっくりです。
そして、スタート地点の秋ヶ瀬に到着です。

当然ながら、運動カロリーより摂取カロリーが高い一日。
それが、「スーパースィート」クラス。
お疲れ様でした^^

関連記事

  1. ポンプヘッドの最高傑作品 ヒラメ ポンプヘッド横カム 奇跡の…

  2. VADOの試乗車のご用意ができました!

  3. 藤下さんの「自転車生活」VOL.442

  4. 人気のクロスバイク  QUICK 入荷しました!!

  5. 今の時期必須のTHERMOS 真空断熱ケータイマグのご紹介で…

  6. また来ました。SRAMグループ製品値上げです。

PAGE TOP