ロングゲージで楽に走る。

ちょっと前に比べて、だいぶ軽いギアは楽に長く乗るために必要だという認識は広がってきているように感じます。けれども、完成車についているギアはまだまだ物足りないという方も多いようにも感じます。

今回はさらに軽いギアの設定のチョイスが欲しいということでご相談をいただきました。

この状態でお持ち込みいただきましたがリアメカのチョイス、チェーンの長さいろいろよろしくありません。

ということで本来、リアのスプロケットの歯数を大きく変更する場合はリアメカやチェーンの交換が必要になる旨お伝えし交換のご依頼をいただきました。

実際に元々ついていたリアメカと新たに付けるリアメカ。

画像で見てもこれだけの違いがあります。この長さの違いが対応のスプロケットの懐の深さの違いを生みます。

短いほうは、変速レスポンスがよく、最大スプロケット歯数30Tまでのギアに対応し長いほうは28Tよりも大きいギアを受け持ちます。

ご自身の走るシチュエーションなどを考え最適なギアで快適なサイクリングを楽しみましょう。

関連記事

  1. オーバーホールにちょっと良いモノいれませんか?日泉ワイヤー

  2. 宮古島トライアスロンに向けてCEEPO MANBA-R DI…

  3. クリートの前後位置に悩んでいる人にスピードプレイ  アルミニ…

  4. トライアスロンデビューする為に能登まで行ってきました。その2…

  5. ALLEZ SPRINT COMP DISC!

  6. 佐渡ロングライド貸切バスツアー開催の為5/18、5/19の修…

PAGE TOP