パーツ交換で扱いやすく!

こんにちは、北浦和店 北川です。

本日はめずらしく?折り畳み自転車のカスタマイズです。
折り畳みでは有名なダホンのバイクですが、一部の車種にはダホンオリジナルの「neos」という変速機が付いています。

この一風変わった変速機のメリットは左右方向への出っ張りがすくないことにあります。
現行のロードリヤメカのシャドータイプのような形状で折り畳み自転車ならではの発想ですね。
それからゲージも短めとなっているので小径車でもぶつけにくい設計です。

一部弱点もありまして、やはり変速性能ではシマノに譲る部分があるということです。
気になる方はシマノ製の変速機へ交換もできますし、たまにご相談を受ける部分でもあります。


フレームから車輪と変速機を外してみた写真です。
変速機がぶら下がるネジ穴(ディレイラーハンガー)が二か所もあります。
写真右側が「neos」用、左側がシマノなど通常の変速機用です。
もちろん今回は左側にシマノ製変速機を取り付けます。

写真を撮り忘れてしまいましたが今回は同時にシフトレバーをグリップタイプからレバータイプへ交換しております。
グリップタイプは初心者には直観的で分かり易いのですが、やはりレバータイプの方がしっかりとしたクリック感、別れているレバーということで、交換を依頼されるケースもあります。


交換後の様子です。
とても見慣れた様子です。
以前より若干ゲージが長くなっていますのでコーナリング時の倒しすぎには注意ですね!

今回はどちらのメリットを取るかという選択でしたが、パーツの交換で快適性が得られるパターンもありますので、小さなことでもまずはご相談くださいね!

関連記事

  1. 車両点検のご案内

  2. オーバーホールにちょっと良いモノいれませんか?日泉ワイヤー

  3. カラーでパーツをチョイスを楽しみませんか?

  4. シマノ一部製品5月1日より値上げ、チェーンの値上げが…すごい…

  5. 意外とダメージ受けてます!!

  6. そろそろあの時期がやってきます。そうですオーバーホールです!…

PAGE TOP