幅広い用途で 2021 DIVERGE ELITEがおススメです!!

こんにちはふじみ野店北川です。

ロードバイクを選ぶときに、どんなものがいいんだろう?って悩むということをよく聞きます。
いろんなジャンルやバイクがあるので買った後に目的と違ったらどうしよう?と心配になるのではないでしょうか?

初めてのロードバイク(ドロップハンドル)として今回は
DVERGE ELITEをご紹介します!!

DVERGE E5 ELITE メーカー希望価格¥170,000-(税抜)
DIVERGEというシリーズですのでジャンルとしては「グラベルロード」になります。
グラベルと聞くとダートを走る専門と思われてしまううかもしれませんが、実際はもう少し広くとらえることができます。
設計としてはそういったことを見込んだ設計となっていますが、それしかできないわけではありません。
いちおう、おさらいとしてはメインコンポにシマノGRXを採用し、変速はフロント2段、リヤ10段となっています。


タイヤサイズは700*35mm ロードバイクに比べれば二回りくらい太いタイヤですので俊敏さとか軽快感は鈍くなりますが、初めてのスポーツバイクであれば安定感や乗り心地が良くそれがとても頼もしく感じるはずです。
実際に慣れてくると気持ちい速度で巡航することもできます。
気分を変えたくなったら28mmくらいまでは変更可能です。

そしてブレーキはトレンドの「ディスクブレーキ」
油圧制御のディスクブレーキとなり、ひきが軽く、踏ん張りがきくコントロールしやすいブレーキです。
タイヤサイズの自由度はこのブレーキのおかげでもあります。

クランクはもシマノGRXシリーズとなっており一般的なロードバイクよりも軽い46×30Tという組み合わせになっています。

リヤのスプロケットは11-36Tとなっており、これまたロー側が一般的なロードバイクよりも軽めになっております。
このようなスペックのため高速で走るという用途には向いていませんが、おおよそ25km/h~30km/hまでは十分出すことができます。
(もちろん個人差はあります)
つまり、市街地を経由する通勤などにはばっちりで、前述の太いタイヤのおかげで意外とある一般道のガタガタも吸収してくれます。
もちろん、マイペースでのサイクリングも問題ありません。

Rディレイラーにはスタビライザーという機能があり、これをオンにしておくとかなりのガタガタ道を走っても変速機のあばれをおさえることができます。
つまり変速も安定的になり、チェーン外れも防ぎます。

サドルはBRIDGE。
パッと見た感じはロードサドルっぽいのですがしっかりと厚みもあり普段着で乗っても痛みが出にくいサドルです。
ピュアなロードバイクとは少し違うのかもしれませんが、こんなスペックのバイクが税込価格としても20万円を切っているのがとても魅力的だと思うのです。
ほとんどの方が実際はオンロードでの使用が多いと思いますがたまーに林道に行ってみたい、アスファルト以外の道も行ってみたい、と思ったとしても十分こたえるバイクです。
すべての人にはマッチしないと思いますが、そんな視点で選んでいただくととても楽しいバイクです。
ぜひ候補に入れてくださいね!!!

 

関連記事

  1. CANNONDALE Treadwell EQで毎日のライド…

  2. ゴールデンウィーク中の営業日のお知らせ

  3. バイクフィッティング ライトコース はじめます!

  4. MTBライド、平日も金曜夜も週末サイクリングもお休みでした……

  5. 最近のメンテナンス作業などなど。

  6. MTBモーニングライド、平日ライド、週末の講習会、参加の皆様…

PAGE TOP