店頭在庫の2色のマイクロファイバータオルの違いとは。

以前までオレンジと青のマイクロファイバータオルを在庫していましたが、今回は黄色と紫を仕入れました!

某N天堂ゲームの○リオと○ルイージみたいですねw

 

さて、この二色のタオル。何が違うんですか?違いはあるの?などという声を、実は聞いたことがありません。

ですが本日品出しをしていて気づいた点があるので、豆知識的に皆さんにお教えしたいと思います。

ぱっと見では見た目は同じなのでスタッフに聞いてみないとわからないし、袋から出してみないと分かりませんよねw

そもそも、マイクロファイバータオルとは….?

繊維の1本1本がタコサンウインナーみたくなっており、毛細管効果で水分を多く吸い上げるためパワフルな吸水性を持ちます。

また、通常のタオルと比べて細かい繊維の為やわらかい質感をしており、小さなほこりをふき取ることもでき、やわらかいため愛車を気づ付けにくい代物なのです。

 

まずは黄色のタオル

こちらは41×41cmの正方形です。

こちらは紫のタオルに比べ、毛先が固いような気が….します。

そして、タオルの周囲にはエッヂが設けられているため、こんな使い方に適しています。

スプロケットの隙間の掃除!チェーンリングの隙間の掃除。

これを切りっぱなしのタオルやエッヂのないタイルでやるとえらい毛羽立つんですよ。あまりここを掃除すること少ないかと思いますが、本気で洗車するときはこういう小さいとこまでやってあげてくださいね。

ですが、逆にエッヂがあることでタオルに固い部分が出来てしまうので、車体を拭いたときに拭き跡が残りやすいです。特にマット塗装の方はご注意ください。

スプロケットの掃除にいいという事、拭き跡も残る可能性があること、これを踏まえるとドライブトレイン周りの掃除に向いているのがこちらの黄色いウェスなわけです!

汚れも目立つため、”汚れ取れてる感”を存分に味わえます。

 

お次はもう一方ののタオル

40x40cmの正方形で、黄色より一辺が1cm短いです。

こちらは黄色のタオルにくらべ、毛先が柔らかかったです。

画像を見てわかる通り、こちらには黄色のような強いエッヂは立っていません。

でも切りっぱなしというわけではなく、触っても気にならないくらいの周囲の縫製になっています。

 

エッヂが無いため、先ほどのようにスプロケットやチェーンリングの周囲の拭き上げには向いていません。

隙間に挟んでゴシゴシしたら確実に毛羽立ってスプロケットに絡んでしまいます。

こちらは黄色に比べてやわらかめのため、拭き跡も残りにくくフレームの拭き上げに向いていると思います。

汚れが目立たないので、どれくらい汚れているか分かりにくいのがネガティブ要素です。

そのため仕上げ用、フレーム用として使えばあまり汚れはつかないので。そういった用途にお使いください!!

以上です。

 

大きな違いこそありませんが、用途でタオルを使いわけ効率よく洗車しましょう!!

関連記事

  1. Specialized TurboCreoに試乗してみて感じ…

  2. これからの季節に保冷力抜群!!THERMOS(サーモス)

  3. ポジション理論 BG-FIT I様行いました。

  4. 藤下さんの「自転車生活」VOL.446

  5. 【彩湖モード2018】試乗・試着モデル一覧

  6. BGFITでロードでTTポジションフィッティング

PAGE TOP