レンタルサドル各種ご用意ございます!!簡単に紹介 

サドル

自転車に乗るうえで付きまとってくる痛みといえば、お股の痛みですよね。

最初についてくるサドルで乗り続けていくと、いつかはどこかが痛い、なんか当たって痛い….なんて悩みが出てくるかと思います。

痛いからサドルを変えたいんだけど何にしたらいいかわからない…

せっかく新しく変えてもまた痛かったらどうしよう…

こういう悩みはよく聞きます。

そんな悩みを解消するために、当店ではサドルのレンタルを行っております。

価格は2週間で¥2200(税込み)

ラインナップは以下の通りです。

SPECIALIZED 

・POWER ・POWER ARC ・POWER MIMI 各サイズなど

SELLE SMP 

・DRAKON ・FORMA ・HELL など

FIZIK 

・ARIONE ・ANTARES など

FABRICやSELLE ITALIAなども一部ご用意がございます。

各種、どんな方に合うのか簡単にご紹介いたします。

 

SPECIALIZED

SPECIALIZEDのサドルにはサイズが設けられております   

 130mm、143mm、155mm、168mm(130mm、168mmは一部レンタル対象外です)               

このサイズはどこのサイズかというと座骨の幅です、店頭で幅を測る機械がありますのでご安心ください。

POWER (143mm,155mm)こちらのサドルは座骨が痛くなる方や、陰部の圧迫が気になる方にオススメです。

幅のあっていないサドルを使っていると座骨をしっかり支えてくれないことにより、座る位置が安定せず座骨が痛くなってしまいます。センターに穴も開いているので、股間の圧迫が気になる方にオススメです。また、体の硬めの方向けです

POWER ARC (143mm,155mm)こちらのサドルは、POWERに比べると横のヘリが丸みを帯びております。

ペダルを下死点より後ろに回したときに太ももの裏がサドルにこすれてしまう方やにオススメで、ガッツリ深い前傾をとってサドルの後ろの方に座ってもフトモモがサドルに干渉しにくい形になっています

POWER MIMIC (143mm,155mm,168mm)こちらのサドルは女性モデルとして販売されております。

真ん中の凹みの部分から先端にかけて、いくつもの素材を重ね合わせたやわらかいクッションのようなものになっております。女性の方だと特に痛くなる部分ですので、女性用の定番として当店でも大人気です。一回試してみるのをオススメします。

続いて SELLE SMP

合うか合わないかはっきり分かれるサドル、合う人は最高、合わない人は乗った瞬間に自転車から降りたくなるくらい合わないです。

ちなみに筆者の齊藤は5.6年前にこちらのサドルに変えてからずーーっと愛用しており街乗り用にもつけております。

基本的な形は同じですが、モデルによってクッションの量や微妙に形が違います、お尻に合えばレーパンなしでも100kmくらいは余裕で走れます。

FORMA レンタル可能なSMPのサドル中で最もパッドが薄く、なおかつ軽量です。

硬さは気にしないけどこの形状が気になるという方や、登りでもガシガシダンシングする方にはお勧めです。齊藤も使ってまーす。

HELL ロングライド向きのクッション多めのサドルです。初めて間もない方やロードバイクのサドルの固さになれていなくて痛みが出てしまっている人などオススメです

DRAKON HELLとFORMAの中間ぐらいのクッション量ですので、ある程度やわらかさも欲しいけど重すぎても…という方オススメです。

どっしり座りたい方は前をすこーし上げるセッティング、前傾を撮りたい方はすこーし前を下げ気味にするとフィットしますよ

続いてFIZIK

ARIONE フラットかつ長細い形状のALIONE(アリオネ)。ノーズからテールまで移動しやすく、さまざまなポジションを取りやすいのが特徴です。

ALIANTE(アリアンテ)は座面がS字にカーブし、テールはやや反り気味、後方部分が幅広のサドルです。一定のポジションで走り続けることが多い人や、骨盤を倒した状態でペダリングする人向けです。

当ブログで紹介できなかったモデルがございます!

色々ありすぎてわからなーいという方、痛みがひどい方もぜひご相談ください。

※貸し出し中の場合もございますの、ご了承ください

レンタル時には身分証明書のコピーを頂戴しております。

関連記事

  1. IRCのチューブレスレディタイヤ FormulaProが入荷…

  2. 【売却済み!】 PINARELLO PARIS 49サイズ

  3. バランスオブパワー。究極のオールラウンド性能を

  4. 6月の営業のご案内

  5. BGFITでロードでTTポジションフィッティング

  6. 適正な空気圧とは?!

PAGE TOP