輪行バッグレンタルのお知らせ

走りやすい季節、自転車のイベントも軒並み復活してきて
イベント地に赴いて自転車に乗る機会も増えたのではないでしょうか? 

近場なら車での移動かと思いますが
参加する際に公共交通機関を使う方も多くいるのではないでしょうか。

そんな電車or飛行機などに乗る際に必要な輪行バッグ(自転車を入れる袋)。
皆さんご自身でお持ちですか?
 
自転車を入れる、と言っても簡易的な袋から重厚な袋まで多数あります。
簡易的なモノはお値段もお手軽でコンパクトになりやすいなどのメリットがありますが、その分生地が薄めで、立てかける際や、倒れてしまった際に自転車に傷が付きやすい、ましてや自分の管理の目が行き届かない飛行機での移動には使えないなどのデメリットも。

対して重厚でしっかりとした生地のものは、頑丈なのでしっかり梱包しておけば傷が付かず、目的地に付いた際にディレーラーハンガーが曲がって走行出来ない!なんてトラブルも回避出来ます。

勿論飛行機での移動も安心です。デメリットとしてやはりお値段的に手が出にくいという点があげられます。ましてや年に数えるほどの遠征となると尚更・・・また生地がしっかりしているために重量感があり、コンパクトになりにくいと言った点ですね。

そういった所でご利用していただきたいのが輪行バッグのレンタルサービスになります。

スポーツバイクファクトリー北浦和スズキでは

現在 シーコンエアロコンフォートロード3.0 販売価格¥100000(税抜)の貸出を行っております。前述した袋の種類で言うと重厚でしっかりしたもの、になります。

こちらの輪行バッグの優れた点ですが、まずは袋内にマジックテープ式の固定ベルトがついており、都度ガムテープや緩衝材を準備する必要がなく袋一つで完結出来ます。

続いてバイクを梱包する際は前後のホイールを外すだけでいい。これはかなりのメリットなのではないでしょうか。

そしてフロントホイールを外したフォークを袋内部にあるスタンドにホイールを取り付ける際と同じ要領で付けてあげると自転車が固定されて自立してくれるので運ぶ際にフラフラしたりせず安心して持ち運べます。(↓こちらの緩衝材がある部分にクイック、スルーアクスルを差し込んでフレームを固定します。)

外したホイールも袋内部に仕切られているホイール入れに入れてあげるだけでいいので楽々。(↓この中にホイールイン。側面には梱包の方法も記載されています。)

また重量からくる気になる運び方ですが、しっかりとしたキャスターも付いているので、段差の少ない所ではコロコロと押して歩いてあげればいいだけです。

要点を説明しましたが、後は是非ご使用いただいて使い勝手を感じとっていただければと思います。

さて気になるレンタル料金ですが、

基本料金が2週間レンタル ¥13000(税抜) オプションで梱包方法レクチャー込みで+¥3000(税抜) 店頭にてスタッフによる梱包で+6000(税抜) となっております。

販売価格が¥100000(税抜)ですから、一年に一回使うと計算すると、およそ9年分で販売価格とトントンといった所でしょうか。

折角現地に付いたのに自転車トラブルで走れない、なんて悲しい結果になるのを防ぐためにしっかりした輪行バッグを使ってトラブルを未然に防いで楽しいイベントにしましょう!

興味のある方は是非店頭スタッフまでお声がけください。

関連記事

  1. 新年一発目!もてぎ100kmサイクルマラソン参加してきました…

  2. 【完売!】フルカーボンディスクロードがこの価格で!?

  3. 【売却済み!】 ROVAL CL50WHEELSET

  4. 第4回女子ライドふりかえり♡

  5. LEZYNE MEGA XL GPSにNEWカラーそしてカバ…

  6. キャリパーモデルの最終形といっても過言ではない【SuperS…

PAGE TOP