BLOG

スタッフブログ

ワイドタイヤの時代到来!ロードバイクに28C?!

みなさんこんにちは、北川です。

店内のセール車も、1台…また1台とお買い上げ頂きちょっと隙間が空いてきたので、2018モデルを着々と組み立て、売り場の活性化を進めております。

今日はSCOTTのアルミロードバイクの「SPEEDSTER」を組み立てていると、ちょうどSCOTTジャパンの営業さんが遊びに来てくれました。

SCOTT SPEEDSTER10 メーカー希望価格¥160,920-(税込み)

そして置いていったのはこのPOP

「28C?!」ロードバイクでしょ?そうなんです。2018のSCOTTは「28C」がキーワードです。
ちなみに写真のQRコードを読み込むとこんなところにとびます。
なぜ28Cなのか、メリットは?詳しくまとまってますのでご一読ください。
ざっくりとしたトピックとしては、
①制動力のアップ②快適性の向上が項目としては大きなところ。

「28じゃ重いんじゃない?」
確かにピュアなレーサーやヒルクライム、TTなどではもう少し細いほうがメリットが大きいかもしれません。
しかし、昨今のユーザーの傾向はロングライド、エンデュランスと言われるジャンルに傾倒してきております。
SPEEDSTERのバイク自体も体が起きやすい設計となっており、はじめてロードバイクに乗る方にも安心な設計となっております。
そしてタイヤサイズ。いままでのタイヤ幅だと初めて乗ったときに、軽快なんだけどおもったよりもゴツゴツするな…なんかフラフラするな…そんな気がした方もいらっしゃるかもしれません。(しばらく乗るとなれちゃう方が多いですが…。

レースとしての「速さ」より乗ったときの「楽しさ、快適性、安心感」この辺を重視していくとこういった傾向になってくると思います。自分は32Cを装備したグラベルロードに乗っている経験からすると、太いことによるロスみたいなものは気になりません。
25Cと軽快感が変わらないといえばウソになりますが、太さからくる快適性、安定感はライド自体をとてもリラックスしたものにしてくれます。


フレームクリアランスもしっかり取ってあり最大32Cまで対応する懐の深さ!
もはやグラベルロードとの境界線も曖昧です。


外観もスッキリとしたフレーム内蔵式、ワイヤールーティング。
今後も店頭に少しずつ増えていきますのでお楽しみに!!


対象バイクにはこのPOPをつけておきますのでぜひご覧ください。
見てもわからないことや、見たら湧いてきた疑問などお気軽にお声がけください。

それともう一つ!!

2018年3月31日までにSCOTTの2018モデルをお買い上げいただくと!

SCOTT JAPAN オリジナル 
「NO SHORTCUTSタオル」をもれなくプレゼント!

どうせ買うならこの機会に!!

ご来店お待ちしています!!!

 

北川 滋治

北川 滋治

店長