BLOG

スタッフブログ

はじめての一台ならコレで決まり。Cannondale CAAD Optimo105

当店のオススメスタンスとして、ディスクロードは間違えなく中心軸としてあるのは間違えありません。

ですが、これからロードを始めたいという特に若い方やご予算にある程度制約がある方にはなかなか20万~という価格設定は、少しハードルが高いのも確か。

勿論、20万以上ご予算を確保できるという方はこの記事はすっ飛ばして頂いて是非こちらの記事をチェックして頂ければと思います。↓↓↓


Discブレーキロードを選ぶ方が増えてきています。

今後やって来るDiscロードの時代にあわせ実際に組んでみました。


今回は、比較的気軽に始めたいという方にオススメのバイクであるキャノンデールのアルミロードに焦点を当てていきます。

ロードバイク購入にあたって先ず大事なポイントはどのポイントが譲れないかです。ネットやら、ショップめぐりやらで情報を集めていると色々な条件がそれぞれに出てきますよね。

ついているパーツ、フレームの材質や特性。はたまた価格やデザイン。出来る限り条件を満たすバイクを買いたいというのは当たり前だと思います。

ただ、どうしても15万円前後のご予算で探すとなるとなかなか条件的には全て満たすのは難しいのは確かです。

そんな中、当店取扱いのメーカーキャノンデールから、アルミフレーム、キャリパーブレーキモデルというところを抑えれば15万のご予算でも十分ハイスペックなバイクを手に入れることができます。

Cannondale

CAAD OPTIMO105

サイズ:48

店頭価格¥149,000

まず、よくお話をさせて頂く際に多くご質問頂くレバーやブレーキ、変速機などのコンポーネントですがこちらはSHIMANO 105を採用しています。

一般的にリア変速数11段というパッケージ中のエントリークラスにあたるモデルでよくこの105がついていれば問題ないという言い方をされることも多いです。

それが全てという事ではないですがたとえば乗り続けていくうちに楽しくなってきて、更にアップグレードをしたいという時に、上位モデルのコンポーネントと互換性があるため部分的なアップグレードが行いやすいというメリットがあります。

また、耐久性や重量面などは下位モデルから比べると長持ちして軽量というメリットがあります。

そしてアルミフレームのロードバイクだとどうしても乗り味や重量といった面をネガティブにとらえられがちですが実はこの乗り味についてはキャノンデールのアルミフレームはかなり強くこだわって設計されています。

まずハンドル周りでの快適性や操作性を安定させる為、フロントフォークの上の部分であるコラムにカーボンを採用しています。

フレーム自体も快適性や走りの軽さを意識した設計になっており前作のアルミ上位モデルCAAD13の設計を受け継ぐデザインコンセプトになっています。

ご予算も限られているけれども出来るだけいいものを乗りたいという方に最適な最初の1台です。

山﨑 翔一

山﨑 翔一

店長