BLOG

スタッフブログ

明日、レースではなくブルべに出る話

こんにちは、北浦和店アルバイトの太田です!
昨年のもてぎと今年のつくばと、耐久レースでチームカテゴリーとはいえ2回も優勝して満足し、戦闘意欲が著しく低下しています。

思い返してみれば勝敗を争うレースばかり出ていたので、
ここいらでロングライドに出てみたいな~ということで!

長距離をゆったりより短距離を疾走したい女!
なんとブルべに出ます!(`・ω・´)

 

今回出るブルべはAJたまがわさんのBRM1013 小鹿野200。 
さいたま市から秩父~飯能を巡り再びさいたま市に帰ってくる、いくつかの峠を含む標準的な難易度のコースだそうです。
200kmかけてとはいえ1924m登るのが標準的……なの……?

 

ベルや小型輪行バッグ、サドルバッグなどは手に入れたので、
急造でキューシート入れブルべカード入れを作ります。

キューシートを印刷し、A6サイズの通帳入れとクリアケースに入れて

はいキューシート入れ完成~!
A6ちょっと大きいんですが、丸めて背中に入れるつもりなのでOKです。

 

ブルべカード入れは首から下げるつもり。
防水のジップ付きスマホケースにクリップを繋げて、
妹がディズニーで買ったがまぐち財布だかチケットケースだかについていた紐を拝借。

ブルべカード入れ完成です!

ハマったらもうちょっと頭いい方法を考えますが、とりあえずお試しなのでこれでOKです。
全部百均&家にあるもので500円……(笑)

コスプレやってたときは小道具やウィッグなんかを作るために百均行ってワクワクしてたんですが、それに似た気持ちを思い出しました。

 

 

さて、出た人からは「サイクリングだよ」と言われる200kmブルべの制限時間は13時間半あり、
PCごとに止まったりトラブルなどを考慮しても、
20km/h巡航できれば余裕でクリアできる計算
サイクリングという表現もあながち嘘ではないかもしれません。

ついこの前に秩父100kmライドに行った時の平地巡航が35km/h前後、
獲得標高1000mで休憩はさんでも5時間ちょいだったので
それを考えるとだいぶ楽っぽい……ちょろ……?と思いつつ

 

不安その①
ヒルクライムが苦手
白石峠と山伏峠を登るのですが、言うまでもなく秩父、飯能と言えば埼玉の山の聖地。
峠に入る前に脚を使い切ると200km走り切れない気もします。

不安その②
腸脛靭帯炎
右脚に膝を内側にねじ込んで踏むクセがあり、高強度だったり長距離だったりすると痛みが出ます。

 

車道を通行することや100km程度のライドには慣れているので、不安要素は自分自身にのみ。
200ブルべのありがちな失敗として「序盤に飛ばしすぎて脚が終わる」というのがあるらしいです。
まさに自分がやりそうなので事前に聞いておいてよかった。

昨シーズンの大磯クリテリウムで浮き彫りになった課題
『セルフマネージメント』を学べるいい機会だ……。

 

まあでもレースじゃないので!
安全第一無理せずダメならDNF!

幸いなことに諸先輩方と走らせていただくので、初めてのロングライドイベント楽しんできたいと思います!

 

 

太田

太田