BLOG

スタッフブログ

【西麻依子選手のレースレポート】「2018福井しあわせ元気国体」東京都代表選考会

いつもご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。

2018年シーズン初戦の東京都選手権に出場し、準優勝しました

この結果により、福井国体の東京都代表選手に内定いたしました。

昨年優勝した大会で連覇を狙っておりましたが、12月にランニング練習中に右足首を捻挫。
骨挫傷という怪我の影響からラン練習が再開できたのが5月。

1か月半の準備期間でランタイム38分41秒が出せたことは、怪我の期間に強化してきたスイムとジムトレーニングの成果だと感じております。

シーズンインが予定よりも遅れてしまいましたが、ここからしっかりと結果を出していきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

開催日:2018年6月17日(日)

開催場所:渡良瀬遊水地(栃木県栃木市)

距離:51.5km(Swim1.5km/Bike40km/Run10km)

気象:曇り(ウエットスーツ着用禁止)

結果:選手権女子・19人中2位

   2:04:56(S20:45(1)/B1:05:30(4)/R38:41(2))

 

【使用機材】

バイク:BMC「team machine SLR01」

ホイール:REYNOLDS 「46 AERO」

ヘルメット:Kabuto 「AERO-R1」

メカニックサポート:スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ

ランニングシューズ:On「クラウドサーファー」

ウエットスーツ:メイストーム

 

【トレーニング環境】

  RONDO SPORTS

RUN塾

 

 

<レースレポート>

午前7時22分スタート。

スイムは沖に向かって泳ぎ折り返すコースを2周回。
ドルフィンスルーでのスタートで、一番イン側を選択。
今回は選手の泳力がわかっていたため、落ち着いてスタートしていく。
直後から真後ろに選手が付いてくることは想定内であった。

しかしながら、左側にピタリと付けられてしまう。
自分の水流を完全に使われており、かなり泳ぎづらい…。
折り返しなどを利用し、何度もペースを上げるも、同じ位置に付かれてしまう。

5人以内での先頭集団を形成したいこともあり、ペースを落とさないように気を付けながら進めていくここは我慢…。
このままの隊列で進めていくことを覚悟し、自分のペースに集中していく。
2分前にスタートした男子選手を数名パスしながら、ラスト200mあたりでやっと一人で先頭へ。

気持ちにも余裕を持ったままトップでスイムフィニッシュ。

 

バイクは平坦な変則的に6周回するコース。

先頭集団は4人。
ここには予想通りに蔵本選手(東京ヴェルディ)も含まれており、この集団で淡々と進めていくことを決める。

 

4人でローテーションをしていく事で後ろの集団とは2分くらいの差がつくだろうと考えていた

しかし、1人はほとんどローテーションに加わることがなく、戦力にならない。
ローテーションに加わるように声掛けをしてチームとして進めていく。

単独で逃げる必要もなかったため、ペースを落とさないことだけを意識
感覚としてはかなり楽なペース。

観客から後続のタイム差を聞くと1分40秒。1分20秒。縮められてる…!
ラスト10kmは意識的にペースを上げていき1分40秒差、4人でバイクフィニッシュ。

 

ランは5kmを2周回コース。

怪我の影響も気になり慎重に走りだす。
レースシューズはソールの厚いクラウドサーファーを履いた事もあり、影響は全くなし。

10kmのペース走と考え、淡々と走ることを決めていた
先頭の蔵本選手の真後ろでリズムを意識して走っていく。

バイクが楽だったことでいい感覚で走れる。

2km地点ほどで少しずつ差ができてしまい、単独2位。
国体は2枠。これ以上の後退は許されない。

シーズン初戦であることもあり、苦しむことは覚悟の上
後半にペースが落ちないように走っていく。

前との差は30秒。その間隔は変わらないままフィニッシュ。

 

応援ありがとうございました。

次のレースは7月7日開催アジアカップ高松大会となります。

表彰台を目標に頑張ります。今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

<結果>

1位 蔵本葵(東京ヴェルディ)2:04:29

2位 西麻依子(東京都トライアスロン連合)2:04:56

3位 中山彩理香(アリーディ)2:05:35

admin

admin

サイト管理者