BLOG

スタッフブログ

富士ヒル試走してきました。

北浦和店スタッフもりです。
去年はアルバイトの太田が行きましたが
今年は私が富士ヒルクライムに参加させて頂くのですが
暫く車がつかえなかった関係で試走に行けておりませんでした。
富士ヒルに参加しなくてもこの時期には必ず行くのに。。。
という事で5月23日の水曜に友人と行ってきました。

ですが、事前の予報では雨
正直、前日の予報を見ても行く気はなく
友人と筋力アップの為、ボルタリングでもという話でした。
ですが、前日の夜に再度天気予報を確認したところ、、、

あれ?これなら朝一で行けばギリギリ一本登れるんじゃないか?と血迷った判断を

という事で強行決行!!

朝一で友人を車に押し込み
圏央道を法定速度安全運転で行きました!

見事な曇天!
雨さえ降らなければ十分です!!
早速、富士北麓公園に車を停めて準備を済ませます!
富士北麓公園到着AM9:00

準備ができたら富士スバルラインの料金所まで!
この時はまだ天気も全然持っていてあ、なんだ余裕じゃんとか思っておりました。
料金所到着AM9:40

自転車は軽車両なので200円必要です。

今回で15回目になるMt.富士ヒルクライムは全行程約25kmのヒルクライムになっております。
スタート地点は今回駐車場として使わせて頂いた富士北麓公園からスタートゲートをくぐりスタートします。
実際の計測地点は富士スバルラインの料金所手前から計測されます。
標高差は約1,270m、平均勾配5.2%、最大勾配7.8%となっております。

ヒルクライムイベントの中では参加人数1万人越えとかなり規模の大きいイベントです。
しかも、完走率が98%と高い完走率となっており初心者の方から玄人の方まで幅広く支持されております。
その為、エントリーの開始は回線が込み合ってなかなかエントリーできないなんてことも。。。
最近はだいぶ、解消されたみたいですけどね!

そんな感じで登り始めて30分くらいで雨が降り始めました。
まだ、2合目にたどり着く途中です。
ちなみに時刻はAM10:00
山の天気は~とはよく言ったものです。
降られる覚悟はしていたのでいいのです。。。

ですが、気温もそんなに高くなく身体が暖まる前に出たという事もあり雨に濡れた事でもっと冷えます。
出来るだけケイデンスを高めに回しても暖まるまでに時間はかかり

下山用サコッシュにウィンドブレーカーなど防寒具を突っ込んでいたので
それを着ようか迷いながらも小雨程度だから我慢と思ってひたすらペダルを回していました。

ですが、3合目から4合目にかけて
雨の勢いが真面目に防寒対策をしないとダメな域に達してしまったので
4合目の駐車場で泣く泣くウィンドブレーカーを着るために止まりました。

後は、そのまま脚を止めることなく行きましたが
風が強い!雨が強い!坂がキツイ!
と呻きながら登っていました。

そんなこんなで登り終え
遥か先を走っていた友人と合流

5合目はあまりにも寒すぎたので休憩がてらに普段は滅多に入らない管理事務所に避難
売店は外国人観光客であふれていたのと軽量化の為、鍵を持ってこなかった(忘れた)ので
あまり自転車から離れられなかったのもありますが。。。


気温8℃!!最大風速9m!!!
死んでしまうわ!
と心の中で叫んでました。

折角登ったので、アイス食べたり、神社見に行ったりしたかったのですが
こんな極寒の地に防御力3あるかないかのジャージ姿なので早く帰宅したいという気持ちが上回り
そそくさと下山しました。
雨の日のカーボンリムはブレーキが効かない事は重々理解しているので
友人には車間を大きくとってもらい下山しました。
僕が行ったときは工事しておりましたが本番はそんなこともないでしょう。
路面状況も綺麗に整っており走り易そうです。
4月から5月にかけて自走で通勤をしたかいもあってか
1本登り終えても少し余裕がありました
タイム的には目標の90分まであと10分近く縮めないといけないので
かなり難しそうですが。。。。

富士ヒルまで残り日数わずかになってきましたが
出来るだけ頑張りたいと思います。
また、富士ヒル参加するよ!方はぜひぜひ声をかけて下さいね!!

皆様のご来店を心からお待ちしております。

森 祐次郎

森 祐次郎

スタッフ