BLOG

スタッフブログ

大盛況!!Wahoo協力 Zwift(ズイフト)体験会&どうやったら始められるのセミナー4月14日開催しました。

今日は4月17日は有人探査機アポロ13号が地球に帰還した日(1970年)だそうです。
アポロと言えば、アメリカ、Wahooはアメリカのメーカー
[Wahoo協力 Zwift(ズイフト)体験会&どうやったら始められるのセミナー]
 先日の土曜日に開催しました。

当日はズイフトに連動するスマートローラー台を2台用意して講習会的な堅い感じではなく、ゲームみたいな物なので、わいわいやりたいなと思い、場所を当店のお客様の高瀬さんのお店
カフェ&ダイニングろーたす」さんを貸切にさせていただき開催しました。
募集がギリギリだったこともあり、なかなか集まらず…かなりあせりましたが、最終的には30名近く集まっていただきました。

 突然のお声がけに参加いただきました皆様ありがとうございます!!!
当日は
Wahoo(ワフー) リヤホイールを外すダイレクトドライブローラー台
KICKR(キッカー)と
通常のローラーのタイヤドライ方式のKICER SNAP(キッカースナップ)

この日は斜度に応じてフォーク部分が自動的に上下し坂道をよりリアル感を演出するKICKR CLIMBも用意していただきました。

しかもこのKICKR CLIMB、日本で一台しかないそうです。
この日は、Wahoo(ワフー)のカントリーマネージャーのポールさん(日本語ぺらぺら)と
代理店のインターテックの岩崎さんが来ていただきました。

初歩の初歩なので
ズイフトの簡単な説明、どのような環境が必要か、セットアップ等を約30分くらい説明していただきました。
そこから実際に漕いでいただき。

体験していただきます。
体験会ですから、参加したみなさん全員に体験していただきました。

実はスマートローラー台×ズイフトは皆さんご存知で、ただ体験したことがない方が多く
なんとなく画面とローラー台が連動するローラー台でしょ、というくらいの感覚でしたが、実際に画面を見ながらペダルを漕いで体験していただくとこのリアル感に圧倒されていつの間にはズイフトワールドに飲み込まれて、飽きずにずーっと漕いでいられる感覚になります。

私も実際に体験させていただきましたが、これであれば飽きがちな室内トレーナーも1時間くらい余裕で漕げるいいシステムだなとおもいました。

 実はこのズイフトのコンテンツは自転車業界だけではなく、他の業界からも注目されてており、すごい問い合わせがきているそうです。
 このリアル感だったり、他の人とオンラインで走れたり、競争できたりと、ある意味ゲーム感覚で身体を動かすことが出来るシステムが注目の要因かと思います。
 
最後に2名でヒルクライムの対決して

大いに盛り上がりました。
 ほっしゃんおめでとう!!!!

またリクエストあれば、時期見て開催しますので、お声がけくださいませ。

鈴木 卓史

鈴木 卓史

店主