BLOG

スタッフブログ

MAVIC(マヴィック)のUSTに他メーカーのタイヤをはめてみた!

北浦和店スタッフもりです。
せっかくいい天気なのに今年は花粉に苦しめられて自転車に乗れない日々が続いております。
さて、今回は以前から試してみたかったMAVICの新規格のチューブレス「UST」のホイールに
普通のチューブレスタイヤを組み合わせるとどうなるか試してみました。

今回、テストしたのは

IRC FOMULA PRO  TUBELESS RBCC(フォーミュラー チューブレス)でテストしてみました!!

チューブレスの先駆者であるIRC
以前、「MAVICのUSTとは何? シリーズ2」でメーカー側から「問題なく脱着可能」と言われましたが

はたしてどうなる事か。。。

実際に封を開けてYKSION PRO USTタイヤを比較してみます。

タイヤのしなやかさは抜群にYKSION PROの方が抜群にしなやかです。
重量もYKSION PRO UST265g

FOMULA PRO  TUBELESS RBCC279g

このように、重量もUSTの方が軽かったです。
 その代り、対パンク性能などはIRCの方が高そうに感じました。

さて、いよいよ本番
実際にタイヤをはめてみたいと思います。
先ずは片側を、、、、

やはり、簡単には行きませんね。
片側だけでもすごいかたいです。
全体のビードをしっかりとリム中央に落とし込んで、両手で片側のタイヤをはめます。
きちんと、リム中央に落とし込んだおかげかそこまで力を入れずに済みました。

両側をはめ込んでいきます。
最後は思いっきり力がいりますがそれ以外は滞りなくタイヤを取り付ける事が出来ました。

ビードも問題なく上がります。
タイヤレバーを使わないではめる事は出来ましたが感触としては普通のチューブレス並にかたかったです。

さて、今回は脱着がメインなので組み合わせた際のフィーリングインプレはまた別の機会に置いといて
そのまま、外していきたいと思います。
空気を抜いて
USTみたいにタイヤレバーなしでトライしてみましたが
指の力では難しかったので諦めてタイヤレバーを使用します。
タイヤレバーを使用すれば問題なく外す事が出来ました。

結論!
USTリムにIRCのチューブレスは付きます!!
けど、USTみたいに脱着は楽ではないので
あえてUSTリムにIRCのタイヤを使うメリットはないと思います。
今回の結果は、以前メーカーさんに直接インタビューした通りだったので
それを確認する形になってしまいました。
ちょっと残念です。
また、機会があれば他のメーカーのもチャレンジしてみようと思います。

また、今週の21日(水曜)に当店でMAVICの営業が来て
「USTテストライドチェレンジ」を実施致します!
だいぶ枠が埋まってしまいましたがまだエントリー間に合いますので是非エントリーお願いします。

皆様のご来店を心からお待ちしております。

森 祐次郎

森 祐次郎

スタッフ