BLOG

スタッフブログ

キャノンデールCAAD12、CAAD Optimoの2018ティアグラモデルが早くも特価

キャノンデールと言えばアルミ。アルミと言えばキャノンデールの2018モデルが早くも特価です!
  

カーボンキラーの異名を持つアルミバイクCAAD12
カーボンフレームの軽さと振動吸収性を目指しつつ、アルミフレームのキビキビとした反応性の良さを活かした名車です。

そのフレームにシマノ・ティアグラを組み合わせて、初めてのロードバイクとしても手の届く価格(税込定価162000円)で投入されたCAAD12ティアグラが、10%オフで税込145800円です!
 
  

カラーは、キャノンデールコーポレートカラーとも言えるアシッドグリーン。
鮮やかできれいな仕上がりです。

かたや、エントリーユーザー向けロードバイクで人気のCAAD Optimo
SuperSixEvoやCAAD12から受け継いだバランスの良いフレームジオメトリーで、エントリーロードらしからぬ運動性能が人気の秘密。

こちらも、ティアグラモデルは税込定価135000円のところ、10%オフで税込121500円です!
 
 
 

カラーは、スッキリとしたホワイト&レッドとチームカラーと呼ばれるブラック&グリーンの2種類。

よく言われることで「初めてのバイクは、シマノ105が着いているものがいい」という話があります。
それは間違いではありませんが、必ずしも正しいとは言えません。

105がいいという理由としては、上位グレードのコンポと互換性があるからという点があげられます。
しかし、本当にアップグレードしますか? そう簡単にはしませんよね。

そして、パーツをアップグレードして速くなったりするかと言うと、これもしません。
ブレーキなら、確実に利きはよくなりますけどね、ブレーキは105でなくても互換性があるんですよ。

10速と11速の違いも、比較的負荷の高い領域で一定ペースで走るときには差が出てきますが、初めてのロードでそこまで行くには結構時間がかかりますから、意味があるかどうかは乗る方の意識にかかっていると言えるでしょう。

であれば、ティアグラモデルを購入して、その差額でホイールなどのアップグレードをしたほうが、より有効。
というのが私の意見。

CAAD12、CAAD Optimoは、どちらも素性の良いバイクです。
初めてのロードバイクとして、ぜひこのティアグラモデルをご検討ください。

杉山 拓

杉山 拓

副店長