BLOG

スタッフブログ

第19回 ロタ・ブルー・トライアスロン行ってきましたーー

すずきでございます。
2012年 11月15日~18日にかけてお休みいただき

「第19回ロタ・ブルー・トライアスロン」から帰ってきましたーー
さあどんな感じだったかご報告でございます。

まずは開催場所は
グアムとサイパンの間の島 ロタ島です。
野口五郎と三井ゆりが結婚式を行った場所と言えば知っている方も
多いかもしれません。

ちなみ上の画像が、二人が挙式を行った場所だそうです。
奥に見える山がウィディングケーキ山だそうです。

まず出発の成田空港
ユナイテッドの今回の大会のために用意したチャーター機で

ロタ島のエアポートまで直行です。
(通常はグアム経由)
バイクの方は今回乗った飛行機に全台数乗らないので別送で明日の9時
にホテル着とのこと。
なのでこの飛行機に乗っている方は
ロタ島のトライアスロンに参加か応援の方となります。
今回ほぼ満席とのことです。

結局出発が飛行機の機材点検で遅れて
8時40分頃出発となりました。
そこから飛行時間約3時間でロタ空港に到着。

そこから、バスで送迎です。
ロタ島には大型の観光バスが存在しないので、15人乗りのバンで3台で
ピストン輸送でホテルへ向かいます。

ホテル到着 現地時間AM1時頃
鍵やら受け取り
部屋に入りもちろん寝ます。



一夜明け金曜日 大会前日。
ホテルはこんな感じです。

おおまかなスケジュールがこんな感じです。

金曜日…メインは バイク組立て 受付&試泳です。
その他のオプション(有料)で
白戸太郎選手のバイクコース試走や宮塚選手の「トライアスロンキャンプ」
などがあったのですが、今回は申し込まず。
今回、一緒に参加した当店のお客様でM様は白戸選手のバイクコース
試走に申し込んでいました。


お昼前頃移動で
大会会場に到着。
ゆるーい感じで受付終了 ゼッケンとスイムキャップをもらいます。
ついで食事も。

今回この大会は
オリンピックディスタンスAタイプ→スイム1.5キロ バイク40キロ ラン10キロ

ハーフのBタイプ→スイム2キロ バイク90キロ ラン21キロ
の2タイプとなっております。
参加人数は圧倒的に51.5の方が多く 約120名ほど
私が申し込んだBタイプは 約30名ほどの参加人数です。

スイムコースはこの画像でわかるでしょうか?

赤丸で囲ったブイが4つあり
この4つの外側を泳ぐと約1500メートル そして奥の2つのブイを
一周しておよぐと、私が申し込んだBタイプの2キロです。
あんな遠くまでも泳ぐんだと、かなりびびっておりました。

スイムの試永は地元の警察の方とダイビングショップの方にきてもらい
万が一のために、レスキューにはいります。

レベル別に3つのグループに分かれて試永開始です。
いちグループ50名と大人数なので、1人でも見失ったら命に関わるので
2人一組でバディーをつくり、泳いで途中でとまったら、バディも存在を
見つけ、万一の事故を無くすようにします。
試永でウェットの浮力の楽さを体感して、ほっと一安心

試永が終わり、またバンでホテルに戻り


軽くプールで泳いだり
バイクの最終チェックや、
サプリメントを用意したりします。

今回の作戦は前回もアップしたように
VESPA(ヴェスパ)大作戦です。
今回は計5個です。
スタート前に一本 スイムから上がって一本 バイク途中に一本
バイクから上がって
ランに入る前に 1本  ラン途中で一本という感じで
計5本消化予定です。

その他のサプリ&補給食の予定は
スイムからあがってトランジットのときにジェル一本 ザバスのゼリーバーを一本
BCAAのジェル一本。

そして、小さいボトルにジェルを4個ほど入れ
トップチューブに付けるベントウBOXに入れてそのほかには
塩サプリ、とカフェイン入りのジェルを一本別に入れ

ランパートのトランジットで、バイク同じくジェル一本とゼリーバーを一個
ウェストバックにバイクとは別にカーボショッツを4つ入れた小さいボトル
を一個いれ塩サプリのスティックを2本 カーボショッツのカフェイン入りを
別に持ち、BCAAのタブを5個ほど透明の袋に入れ
上記がレース当日の補給の予定で用意しました。

レース前日のよるは競技説明&カーボパーティーです。

次の日の朝が早いので、早めに寝にはいりました。

スイムで脱水症状にならないように前日にお酒を飲まないように
とアドバイスもらったので、この日は酒類は避けて、なるべく積極的に
水を飲むようにしました。

レース当日に続く…

 


今話題の効率アップの「ショートクランク」 「パワーメーター」のレンタルシステム始まりました。
パワーメーター&ショートクランク使ってみなければわかりません。
何故?クランク長が170ミリなのか?そこが問題です。
こちらをクリック

鈴木 卓史

鈴木 卓史

店主