BLOG

スタッフブログ

いづれはロングを目指して2018年モデル CEEPO(シーポ) カタナ納車です。

銚子マリーナのトライアスロンでほぼ今シーズンのトライアスロンは終了といったところでしょうか?
そんなところで、もう来年宮古島のトライスロンのエントリーが受付開始となりました。
いちおスズキもエントリー予定です。

今回納車のS様
いままでトライスロン大会をロードで参加しており、来季のことそして今後ロングディスタンス参加を踏まえ、ご相談いただきました。
いろいろ相談させていただきロングディスタンス向けなCEEPOのベストセラーモデルCEEPO カタナになりました。

現在2世代にわたってスズキも愛用しております。
カタナの特長としては完全にトライアスロン専用設計ということいです。
なので踏み出しの軽さや加速性より、巡行性を大事にした設計なっております。
一定ペースの走りを得意としており、ややフロンセンターが長めで順行性重視な設計です。
トライアスロン競技(特にロング)においては、人と競うということななく、あくまでも自分なベストなペースを守りランパートに続けるのが大事です、そのことにより加速性、踏み出しの軽さよりも
一定ペースに乗せた時の順行性重視な設計が大事なことがわかると思います。
またS様やや小柄ということもあり、スモールサイズから用意しておりベストなポジションを提案しやすいといこともあります。
もちろん、シフトは電動シフトを採用です。
DHバー仕様において変速の軽さストレスを考えると電動は大きなアドバンテージを持ちます。
納車はしっかり時間をかけて

スペシャライズドの提唱するBG-FIT そしてBIKE FITのトライアスロン理論を駆使してポジションを提案します。
長らく競技でロードをしていたという事もありまだオリンピックディスタンス等に出場ということもあり、S様にはややアグレッシブなポジションを提案させていただきました。
トライアスロンバイクはバイクも選びも大事かもしれませんが
それよりもDHバーポジションが大事です。

どんなにいいバイクでもDHバーポジッションが狂っていると、いい走り、良いパフォーマンス出せないと思います。
残念ながら、私がロングの大会等を走っているとそのような方が多いのと、走り方がもったいない方が多々見られます。

トライスロンバイクはポジションそしてサイズ選びが大事です。
トライスロンバイクの検討されている方は是非ぜひ、スズキまでご相談くださいませ。

S様その後の大会の結果を教えてくださいね。

鈴木 卓史

鈴木 卓史

店主