BLOG

スタッフブログ

SPECIALIZED(スペシャライズド)2018年プレゼンテーションに行ってきました。

スズキでございます。
せっかくの3連休、台風が…
うちの子供も林間学校に行っております、あした帰ってくる予定ですが。

さてさて
ユーザーに向けて2018年度モデルSPECIALIZED(スペシャライズド)の展示会
「SPECIALIZED WAY THE FUTURE IS HERE 2018」
が東京で開催されました。

2018年度モデルが一同に見え、この先に起こることが一部発表となります。

その展示会前に
全国のスペシャライズドディーラーを集めての、新製品発表会&プレゼンテーションが開催されました。
一部は世界初公開とのことで一切お話できないのですが…

さてそんな中で、スペシャライズドが今後目指していく方向も発表となりました。
他のメーカーでは今現時点での新製品発表がメインなのですが
スペシャライズドはこの先に考えていること、未来向けて考えていることをしっかり話してくれます。
今までは、このような話も口外禁止だったのですが、今回は一部を除き発表等もOKとなりました。
プレゼンを聞いて、思ったことは。
間違いなく、この先
ロードディスクブレーキ市場が大きく力を付けていくと思います。
言いづらいことではありますが公言します。

はっきり言ってしまうと
「ロード油圧ディスクブレーキを使わない理由はないです」
ただし今は
「ロードディスクブレーキを使えない理由があるから」
使えないのです。
それは「ホイール」とかであったり「コンポ」であったりするからです。
いずれそれはクリアになってくるかと思います。
キャノンデール シナプスHI-MODディスクブレーキ
そして
今はSUPERSIX HI-MOD DISC 2世代に渡り油圧ロードディスクブレーキを使う
私、ディスクは間違いなくいいです。
効きがいいのは無論ですが、油圧ディスクブレーキはブレーキ引いた分だけリニアに効いてくれてコントロール性がいいのです。
そして引きが軽く長い下りでもこの引きの軽さ、効きの良さは安心につながります。
また、雨天時でも制動力がいいのも特徴です。

そして
もうひとつ気になる商材はE-BIKE(電動アシストバイク)です。

ヨーロッパで大きくシェアを伸ばしているE-BIKE。
日本では法律等の問題でなかなか難しいところもあるかもしれませんが
今年、ヨーロッパのE-BIKEユニットで市場と圧巻しているのが
BOSCH(ボッシュ)です。

とうとう今年日本市場に日本仕様にユニットを改良して発売することになったそうです。
そしてシマノもつい先日電動バイクユニットを発表しました。

リアルスポーツの方はこんなの邪道だと思うかもしれません。
例えば、いままで自分の力で登れなかった長い峠を、電動アシストの力を借りて
峠の頂上まで上がり達成感を味わう、それはそれでいいと思います。
このスポーツ電動アシストにも私は可能性を秘めていると思っております。
先ほど話した

BOSCHは発表で
「この先E-BIKEが市場の3割〜4割を占めるであろうと」と予想しているそうです。
スポーツE-BIKE市場ちょっと注意深く見たいと思います。

長くなりましたが、ここからは現実的な話で
スペシャライズドがカスタムインソールシステムを発表になりました。
今までは足のアーチにあわせ3種類用意した「BG FOOTBED」でしたが
専用のツールを使って、足裏の形を再現する
「カスタムフットベット」が発表です。

シダスとは違い、アーチのクッション性はなく、いま流行のインソール
ソールスターとアプローチが近い硬いインソールです。

作り方は
インソールを専用のドライアーで温めて柔らかくして専用ツールで足裏の形を再現します。
成型されたインソールは硬いインソールとなります。
このインソールであれば今お店にあるシダスのツールでも作成可能かと思います。
また、個々の足型を再現するインソールを提案するということは、それだけ重要ということであり、当店が扱っているシダスのカスタムの優位性も評価されると思っております。

鈴木 卓史

鈴木 卓史

店主